042-748-7651

〒252-0311
神奈川県相模原市南区東林間4丁目-9-1

おだきゅうせん東林間駅徒歩1分

相模原東林間の産婦人科|子宮癌検診、人工妊娠中絶にも対応

生理のお悩み

生理のお悩み

生理不順

生理が突然来なくなった、生理中出血がだらだらと続く、生理なのか不正出血なのか分からない等のお悩みを持つ女性は多いです。
ホルモン分泌の異常や体調不良、ストレス、過労、肥満、無理なダイエットによっても周期が乱れます。

生理痛

生理の直前または生理中に起こる症状(下腹部の痛みや頭痛、吐き気など)を生理痛といいます。「月経困難症」とも言われており、子宮内膜症、子宮筋腫や子宮内膜症、感染症(クラミジアなどの性感染症、骨盤腹膜炎)などが原因となっています。この症状は、必ずしも治療が必要というわけではありません。病状を判断して適切な対処をすれば改善できますので、まずはご相談ください。

月経前緊張症(PMS)

生理の始まりと共に消失する症状のことで、月経前症候群とも呼びます。生理の始まる約2〜3週間前になると出る頭痛、腰痛、下腹痛、便秘、下痢などの身体症状や、めまい、イライラ、うつ状態、無気力、食欲不振、集中力低下のような精神症状のことをいいます。

骨粗しょう症

骨の強度が低下してもろくなり、骨折のリスクが高くなる病気です。高齢者に多い病気ですが、若い方でも生理の量が少ない、過剰なダイエットを行っている、運動量が非常に多い方は注意が必要です。
当院で「骨塩の量」は簡単に測定できます。ご自分の「骨塩の量」を知り、健康な生活を送りましょう。

過多月経

過多月経とは、月経血の量が多い状態のことを言います。出血量は個人差がありますが、大体の目安として、ナプキンを1時間ごとに替えなければならない・外出ができない・レバーみたいな大きい血の塊が混じっているなどの場合、過多月経に当てはまります。子宮筋腫の可能性もありますので当院にご相談ください。

おりものの異常

通常と違うおりものや痒みがある場合、様々な原因が考えられます(カンジタ、細菌性膣炎、クラミジア 他)。病気の種類によっては、おりものの異常だけでなく、痒みや下腹部の痛みを伴うこともあります。

よくあるご質問
MOBILE SITE

診療カレンダー

Page Topへ